スージースージー

こんにちは。スージーです。

働き方改革の一環で、在宅勤務など柔軟な働き方を導入する企業が増えていることが話題になり、世間では『在宅ワーク』というワークスタイルが注目されつつありますね。
朝の満員電車で通勤する必要もなく、いつでもどこでも働ける、『在宅ワーク』。

今回は、在宅ワークで仕事をするポイントを3つお伝えしたいと思います。

(注)ここで言う、「在宅ワーク」とは企業に属して、企業が導入している在宅ワークのことではなく、個人事業主としての在宅ワークについてです。

 

在宅ワークで仕事をする3つのポイントって?
1. 自己管理ができること

上司やクライアントが直接管理できないところにいるわけですから、とても重要なポイントです。 

 

2. 言われる前に主体的に行動できること
自宅でパソコンを広げて自由に働くというイメージがあるかもしれません。でも、自由に働くにはスキルと覚悟が必要です。例えば、家事をしてその途中で業務をしたり・・・。ダラダラとしがちです。
オンとオフの切り替え転換がポイントで、アウトプットが最重要なので、ある意味、正社員よりもプロ意識が求められます。

 

3. 報・連・相がしっかりできること
実は、この「報告」「連絡」「相談」とても重要なポイントです。
在宅ワークは個⼈プレイに見えがち。ですが、お仕事のその先にはクライアントやチームがあります。 「報・連・相」がしっかりとできていないと、個⼈評価の低下だけではなく、チームや会社にとって様々な損失や負荷が生じます。在宅ワークによって委託された業務に関して適切なタイミングで報告ができていないと、相⼿は不安に陥ります。同じオフィスで仕事をしている環境とは異なるため、考えの違いや状況をお互い察することは難しいです。聞かれずとも⾃ら積極的に発信する必要があります。

 

これから在宅ワークで仕事を始めたい方、ぜひ参考にしてみていただければと思います。