スージースージー

こんにちは。スージーです。本日は『在宅ワーク』についてお話しますね。

私が最近、感じることとしては、

これまで普通の会社員として働いていた人が、ワークスタイルの選択肢としてフリーランス(個人事業主)を選ぶ人が増えているように思います。
『在宅ワーク』に興味があって始めたいけど、「どうやったら出来るのか?」「踏み出せない」という方からよく相談を受けます。

 

便利なITツールが発達している現代。仕事の内容によっては会社に居なくても場所を選ばずどこでも仕事が出来るようになりました。また、昨今、「兼業、パラレルキャリア、2枚目の名刺・・・」などのワードをよく耳にするようになりました。今、政府は兼業・副業を企業に解禁させる方向で動いており、「一企業に縛られない新しい働き方」が社会に広がり始めています。

つまり、正社員としてひとつの会社に勤め続けることが王道だった時代は終わり、働き方を変えてみるのもひとつの選択肢ということです。

 

 「子育てがあるからバリバリ働けない。でも、子育てをしながら仕事をしたい。」

 「親の介護をしなければならず、正社員でフルタイム勤務が難しくなった。でも、少しでも収入が欲しい。」

などの、制約がある方、

 副業としても、

 フリーランスとしても、

『在宅ワーク』という働き方が注目されています。

 

スーパー秘書™も、まさにそのような育児や介護などによって先約のある方、副業の方、フリーランスで活躍している方々が、在宅での仕事を一日2〜3時間からでも自分のスキルを活かして働いています。

 

「在宅ワーク」とは・・・

在宅で様々な業務を請け負うワークスタイルで、企業に勤務する形態と異なり、その企業に雇用されない個人事業主です。業務の内容は、提案書作成、ライティング、データ入力、メールの返信業務、動画制作、テープ(音声)おこし、英語での顧客対応、交通機関・宿泊の手配など、様々な仕事があります。これらの様々な業務を主にオンライン上で行います。

ちなみに、「内職」とは異なります。よく、「在宅ワーク=内職」と思われがちですが、「内職」は「家内労働」と呼ばれています。内職を斡旋する会社に登録して雇用されて働くスタイルです。

 

「在宅ワーク」は、個人の環境にあわせて働くことが出来る、自由度の高い魅力的な働き方です。しかし、気をつけるポイントなどはあります。まだまだお伝えしたいことがたくさんありますので、それは次回以降にご紹介しますね。