集中力と緊張感を高めるオンラインプレゼンテーションの5つのポイント

リモートワークの急速な普及に伴い、オンラインでプレゼンを行う機会が増えた、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、オンラインでのプレゼンは、対面と比べて難しい、反応が悪い、と感じている方も多いようです。

オンラインと対面のプレゼンでは、聞き手の状況や印象が大きく異なるため、同じように行っても、満足のいく反応が得られないのは当然です。

そこで今回は、オンラインの登壇や研修実績が多数ある日本プロフェッショナル講師協会の講師直伝のオンラインプレゼンテーション成功率を上げる5つのポイントをお伝えします。

そもそも、オンラインでのプレゼンはなぜ難しいのか?

オンラインでのプレゼンはなぜ難しいのか?

オンラインでのプレゼンを難しくしている最も大きな要因は「聞き手の集中力が散漫になりやすいこと」です。

対面の場合、プレゼンを受けながら他の仕事をしたり、スマートフォンを見たりするなど、あからさまに他の作業をすることはほとんどありません。

しかしオンラインの場合、プレゼンを聞きながら他のタブを開いて別の作業をしたり、カメラに映らないようにスマートフォンを操作したりするなど、「プレゼンを聞く」以外の行動がしやすい傾向にあります。

自分がプレゼンを受ける立場だった時を振り返ると、身に覚えのある方も多いのではないでしょうか…?

また対面でのプレゼンは、途中で話しかけることで会話のやりとりなども自然に生まれますが、オンラインの場合、聞き手はじっと聞くだけの一方通行になりやすい、という傾向もあります。

いくらあなたが熱意をもって伝えても、聞き手が話を聞いていなければ、プレゼンがうまくいかないのは当然なのです。

オンラインのプレゼンで気をつけるべきこととは?

オンラインのプレゼンは、対面に比べて聞き手の集中力を維持するのが難しい、ということはご理解いただけたと思います。

では、できる営業マンや講師たちは、聞き手がオンライン上でも話に集中するためにどんな取り組みをしているのか?

日本プロフェッショナル講師協会の人気講師たちが実際に実践しているポイントを5つお伝えします。

1.1つのスライドに1メッセージ

対面でのプレゼンでは、聞き手の手元に資料があるため、話を聞きながら資料をめくって先の流れを掴んだり、要点をまとめたりできます。

しかしオンラインだと、資料の進行を自分でコントロールできないことが多いため、聞き手は投影されたページを読み終わった途端に集中力が途切れてしまいがちです。

また、一枚の資料に過剰に情報が詰め込まれていると、なかなか画面が切り替わらず、受け手が飽きてしまうことも、集中力が散漫になる原因となります。

人間は動くものに目がいく習性があるため、1スライドに1メッセージを心掛け、話の流れに合わせてテンポよく画面が変わるような資料作りを心がけましょう。

聞き手の集中力が継続しやすくなり、プレゼンの成功率アップにつながります。

2.カメラ目線で身振りを大きく
カメラ目線で身振りを大きく

オンラインで意外と気になるのが「目線」。

オンラインの場合、カメラの先が「相手の目」となるのですが、どうしてもカメラではなく自分や相手が映っているワイプを見て話してしまいがち。

カメラの真下にワイプを設置したり、カメラにわかりやすいマークをつけたりするなど、カメラ目線で話すための工夫をしましょう。

また、表情や身振りをオーバーにするなど、画面に動きをつけ、聞き手の注意を引くように意識することも重要です。

さらに、ノートパソコン内蔵のカメラだと、下から見上げる角度となり「相手を見下ろしている」ように見えてしまうようです。

PCスタンドやティッシュの箱などで、カメラと目線の位置が合うように高さを調整すると、相手に威圧感を与えにくくなります。

3.音声や映像などの機材環境を整える

映像が乱れる、音声が途切れる、ネットが途切れるなどの不具合も、聞き手の集中力を削ぐ原因となります。

・PC内の不要なアプリを閉じ、負荷を軽くする。

・有線接続など、高性能なマイクを使用する。

・あらかじめインターネットの速度テストを行い、通信環境を確認しておく。

など、音声や映像を適切に届けられるように、事前に準備しておきましょう。

【補足情報】

見た目を美しくするなら「Snap Camera」↓

https://snapcamera.snapchat.com/

⾳声をクリアにするなら「Krisp」 ↓

https://jp.vcube.com/service/krisp

※有料ですがとても快適になります。

4.双方向を意識する
双方向を意識する

早い段階で質問を投げかけてコメントをもらうなど、聞き手を巻き込むプレゼンをしましょう。

もし、聞き手が話のできる環境にない場合は、チャット機能などを活用するもの良いでしょう。

聞き手がプレゼンに参加することで、話す側の緊張も和らげることができ効果的です。

5.時にアナログを活用

あらかじめ資料を手元に用意してもらいましょう。

資料をパソコンの画面で見てもらうのは便利ではありますが、そのまま聞き手が他の仕事に移行してしまう可能性も…。

資料を穴埋め形式にして聞き手が書き込む時間を用意するなど、時にはアナログを活用することも意識しましょう。

さいごに

ポイントをおさえてプレゼンマスターに

以上5つのポイントを押さえることで、聞き手の集中力と緊張感を保ち、あなたのプレゼンへの反応は確実に変わるはず。

また聞き手の集中力と緊張感を継続させるこれらのポイントは、オンラインだけでなく対面のプレゼンでもきっと役に立つので、できることから取り入れてみましょう!

参考: マケフリ「オンラインのプレゼンは対面のプレゼンとここが違う|資料作成や発表、環境の整え方をご紹介」

https://makefri.jp/work/8201/