企業や団体に所属しない「フリーランス」で働く魅力の一つに、スキルや働き方次第で、収入を変動させることができること、が挙げられます。もちろん多くの方は、下ではなく上に収入を変動させたいですよね。この記事では、今の倍稼ぐフリーランスになるために、今からできる5つのスキルと、スキルアップするための3つの方法をご紹介します。

今の倍稼ぐフリーランスになるために、身につけておきたい5つのスキル

フリーランスは、スキルや働き方次第で収入を変動させることができる一方、会社のブランドや信頼がない分、全て「自分一人」が責任を負って仕事をしていかなくてはなりません。

そのため、仕事を継続的に受注し、クライアントとのよい関係を築くためには、本業のスキル・実力だけでなく、その他のスキルも必要となります。

1.仕事に必要な専門スキル

仕事に必要な専門スキルの重要性については言うまでもありません。

どんなに人柄が良くても、成果への満足度が低ければ、次の発注はもらえません。まずはあなたが「この仕事で稼いでいきたい」と思える職種を決め、そのスキルを高めていきましょう。

2.仕事に関連するスキル

専門スキルだけでなく、関連して必要となるプラスαのスキルを身につけていると、報酬が上がりやすい傾向があります。

仕事を依頼する企業・個人が、それぞれの仕事を別の人に発注するよりも、まとめて一人に発注するほうが、コストや手続きなどを削減できる、というメリットがあるからです。

【具体例】

<サイト制作>

本業で必要なコーディングスキル

プラスα

・クライアントと要件定義を行うコミュニケーションスキル

・セールスライティングのスキル等

 

〈ライター〉

文章を書くスキル

プラスα

・SEO対策の知識、WordPress等web関連スキル

・画像加工スキル等

画像編集・加工のスキルについては、前回のこちらを参考ください。

3.コミュニケーションスキル

仕事の受注から納品まで自分一人で行うため、クライアントと適切なやりとりができるコミュニケーションスキルも重要です。

ただし、ここで言うコミュニケーションスキルとは、社交的・フレンドリーである、ということだけではありません。

仕事で必要なコミュニケーションスキルは大きく分けて以下の4つです。

自分のスキルや実績を適切にアピールする力

クライアントが求めていることを正しく理解する力

トラブルや疑問を、クライアントと協力して解決する力

●報酬や条件について、自分の意見を伝え、相手の意見を聞く力

4.タイムマネージメントスキル

当然ですが、単価の高い仕事を複数件受注すれば収入は上がります。

さらに、複数の案件を同時進行することで、さらに生産性が上がり、収入もアップします。

1時間かかる作業であれば、それを50分に短縮させるためにはどのようにすればよいかを考え、より効率的に稼ぐ方法を実践することがポイントです。

また、納期遅れは信頼を失い、継続的な受注を逃す可能性が高いため、クライアントの希望納期に間に合わせたタイムマネジメントスキルは必須です。

5.営業・交渉スキル

特に駆け出しのフリーランスは、ただ待っているだけでは仕事は降ってきません。そこで、自分のスキルや実績を売り込む営業、交渉スキルが必要です。

「営業が苦手」という方は、ポートフォリオや動画などのツールを作成、活用しながら伝えるという方法もあります。あなたがどんなサービスをしていて、どんな実績があるのか、自分の得意な営業スタイルを見つけ、スキルを磨きましょう。

また、仕事が安定しないうちは、スーパー秘書™のように在宅ワーカーとクライアントをマッチングさせるようなサービスに多数登録するのもおススメです。

求められるスキルを身につける3つの方法

当然ですがフリーランスの場合、会社が研修を用意してくれることはありません。つまり、自ら進んでインプットすることか重要です。ここでは求められるスキルを身につけるための3つの方法をご紹介します。

1.セミナーに参加する

コワーキングスペースやシェアオフィスなど、フリーランスが集まる場所では、しばしば勉強会やセミナーが開かれています。

知識のインプットだけではなく、出会いや交流の場としても有効ですので、興味のあるセミナーは積極的に参加してみましょう。

2.スクールに通う

費用はある程度かかりますが、書籍などでの独学ではなかなか身につかない実践的なスキルを学ぶことができます。

スーパー秘書™が運営する経営者向けブログ「スモールビジネス経営者の知って得する情報源」に記載した最強のマーケティングセミナーの記事も参考にしてみてください。

また、最近ではオンライン上で受講できる質の高いセミナーや講座も沢山でてきています。

3.とにかく仕事を請ける中で学ぶ

多くのフリーランスは、とにかく仕事を請ける中で自分のスキルを高めています。クライアントの要求は十人十色なため、様々な経験を積むことで、必然的にスキルアップしていきます。実力通りの案件ばかりでなく、(専門的なスキルが必要なく、独学で学んで対応できる範囲の)少しハードルの高い案件も受けると、さらにスキルアップが望めます。

最後に…

いかがでしたか?今回ご紹介したスキルは、フリーランサーはもちろん、在宅ワーカーにも有効なスキルです。

あなたも今よりさらにスキルアップして、スーパー秘書™スタッフとして活躍してみませんか?

スーパー秘書

在宅ワーク大辞典では、そのほかにも、オンラインで働く在宅ワーカーにとっておさえておくべき情報も掲載しています。併せてご覧ください!