スージースージー

“時間や場所にとらわれず、在宅ワークで活き活き働くこと”を応援している、スーパー秘書のスージーです。本日も在宅ワークについてのノウハウや情報をお伝えしていきます

8月になり、いよいよ本格的な夏ですね。

8月1週目の今週は雨や曇り空が続き、風がなんとなく涼しいですね。

8月といえば、世間一般的には「夏休み」のイメージがあります。
今年は、11日は山の日の祝日、13日からお盆なので、一般的に来週からまとまった休暇を取得する、という方も多いかもしれません。


有給や夏季休業の休暇がある会社員であれば、給与をもらいながらも長期的に休暇が取得しやすいものの、
個人事業主の在宅ワーカーにとっては、「休暇」を”取得する”  ”取得しない”は、自由で本人次第のところがあります。
というのも、個人事業主の在宅ワーカーには休暇の制度がありませんので、休暇についても自分で管理やコントロールをすることになります。
会社員であれば、他に変わりに対応してくれる人もいますが、個人事業主の在宅ワーカーには、代わりの人がいないため、急な仕事の対応があった場合は休暇中でも自分で対応しなければいけません。なので、せっかくの休暇にもかかわらず、PCを持参して旅行先で仕事をする・・・なんていうこともあります。


在宅ワーカーが休暇をしっかり取得するためにすることとは?

個人事業主である、在宅ワーカーは、会社員で会社がサポートしてくれていたようなことはすべて自分で管理をして自分で行わなければなりません。つまり、「夏休み」の休暇取得も自己管理・自己責任が求めれるのです。

 
業務委託契約時にクライアントに事前に相談する

事前に前もって仕事の契約時に話して相談しておくことで、仕事のスケジュールを立てやすく、納期まで逆算して仕事をすることができます。自分が不在でも対応できるように、日頃から、不在時になった場合の仕事の対処法なども仕組み作りをしておくのも、スムーズに休暇が取れることにつながります。
 

昨今、インターネットを使えば離れた場所にいてもコミュニケーションや情報共有がしやすくなってきたことから、休暇であってもオンとオフのメリハリがつかず、仕事はできてしまいます。休暇中であっても電話・メール対応はゼロにはできず、休暇先に対応するということが発生しがちです。
在宅ワーカーは、なかなか、他に代わりの人がいないため、自分ですべて対応しなければなりませんが、休暇の取得も自己管理

休暇を取得することで、リラックスし、新たな仕事を生む可能性もあります。
自分なりに工夫して、休暇をしっかり取得して自分にあった在宅での働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?