スージースージー

“時間や場所にとらわれず、在宅ワークで活き活き働くこと”を応援している、スーパー秘書のスージーです。本日も「在宅ワーク」についてブログを更新します。


「結婚」、「妊娠」、「出産」、「子育て」、「介護」、「転勤」
など・・・ライフステージの変化によって働き方は変わるものです。

特に女性は、「結婚」や「出産」の理由により、働き続けるには大きな転機になることが多いですね。
そして、女性だけではなく、これからの時代は男性でも「介護」というライフステージに直面する可能性が高くなっています。また、近年は、男性でも「育児」に関心があって育児休業を取得する人も増えており、「育児」への関わりを持とうとする男性が増えている傾向があります。

「出産」、「育児」、「介護」をしながら働き続けるには、
「家でできる仕事」「フレキシブルに自由な時間で働くことができる」という、在宅ワークを希望する人が今後も多くなってくることでしょう。
では、在宅ワークで仕事をする場合、いったいどんな職種があるのでしょうか?

プログラマー、グラフィックデザイナーのようなスキルを要する職種のイメージがありますが、インターネットを通じた仕事受発注が普及したことで、データ入力のような事務作業にも職種は広がっています。
今回は、事務系とクリエイティブ系の代表的な職種を紹介いたします。

 

– 事務系 –

1.データ入力

パソコンでの入力業務なので、簡単だと思われがちですが、入力業務は正確さが求められます。報酬は、作業単価1文字○円、ページ1枚というように支払われることがほとんどです。

 2.ライティング

主に、メールマガジンの記事作成、ブログの記事作成、Facebookの投稿作成などの業務です。
ゼロから原稿作成するケース、請負先の元原稿のリライトするケース、様々あります。

 3.音声起こし

音声の内容を聞きながら文字化する仕事です。会議、取材、講演会などのICレコーダーなどで録音された音声を文字化します。正しい日本語が使えるか、的確な文字にできるか、スキルが求められます。 

4.経理関連

請求書の作成や領収書の入力など、経理の補佐的な業務中心になります。未経験でもできる職種のイメージがありますが、在宅ワーカーは個人事業主であるため、報酬は成果に応じて決定するもの。経理の経験やスキルがあるほうが経験を活かして魅力的なお仕事を獲得することができることでしょう。

 

-クリエイティブ系 –

1.DTP

パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を作成します。写真やイラスト、テキストを机のパソコンに取り込み、レイアウトから版下制作までをコンピュータ上で行いデータを作成します。デザインのセンス、印刷に関わる知識などが求められます。Adobe Photoshop、Illustrator などを所有して使用できることが前提となります。

 2.Web関連

HP作成、LP作成、バナー制作をします。ゼロから制作するケース、請負先の元データをリライトするケースもあります。Adobe Photoshop、Illustrator などを所有して使用できることが前提となります。

3.動画関連

請負先からの元動画の編集、ハイライト作成、テロップ入れ、音楽挿入など動画編集に関わる業務です。
インターネットでの動画視聴が一般的となった昨今、マーケティングの手段として動画のニーズは高まっています。 

このように、クリエイティブ系は専門的なスキル・知見が必要です。スキルを磨いて実績を作ることで、その成果に応じて報酬は稼げる人は稼ぐことができる職種になります。

 
これらの職種は一部であり、在宅ワークの職種は様々ありますが、基本的に自宅で仕事をするため、仕事先の人たちと頻繁に会うことができず、「信頼関係」が大切です。

今後、「在宅ワーク」をしたいと希望している人は、自分ができる仕事」「保持しているスキル」「これからやりたい仕事」をじっくりと考えて極めてみましょう。
在宅ワーカーの報酬は成果に応じて決定するもの。まずは仕事のスキルを磨いて実績を作っていくことから始めてみてください。