スージースージー

“時間や場所にとらわれず、在宅ワークで活き活き働くこと”を応援している、スーパー秘書のスージーです。
関東甲信など一斉に梅雨明けして、毎日暑い日々が続いていますね。暑い中、移動もなく在宅で快適に過ごしながら仕事ができることは在宅ワークの魅力ですね。


 
「在宅ワークを始める!」と決めて、パソコンやネット環境の準備、家族の了解を得るなど在宅で仕事する環境を整えたものの、
  思うように仕事が見つからない・・・
  仕事をどうやって見つけたらよいかが分からない・・・
という人は少なくありません。

今はインターネットを通じて在宅でできる仕事も増えてきました。
情報提供サイト、お仕事マッチングサイトがあったり・・・、
在宅ワークの仕事探しってどうすればいいの?
今回は在宅ワークのお仕事探しについて紹介していきます。

 


どんな在宅ワークにしたいのか、自分自身を分析する

そもそも、「なぜ、在宅ワークをしたいのか?」、始めようと思った理由やどんな在宅ワークの仕事スタイルにしたいのか、自己分析をすると、自分のやりたいことやセールスポイントが見えてきます。
在宅ワークを始めるには?』こちらの記事も参考になさってみてください。


クラウドソーシングを利用する

簡単な登録をするだけで仕事を紹介してくれるクラウドソーシング
クラウドソーシングとは、クラウドソーシング事業者が運営するWebサイト上で、発注者と在宅ワーカーをマッチングさせる仕組みで、ネットを使って不特定多数の人に業務を外注するサービスです。実際に会ってミーティングをすることなく、仕事の依頼も打ち合わせもネット上で行い、業務を完了して報酬を受け取るという流れです。
クラウドソーシングは、例えば、「Webページ制作」、「イラスト制作」、「アプリ開発」、「翻訳」、「音声起こし」など、専門性の高いスキルが必要になることが多いです。高いスキルが求められますが、インターネットを使いながら自分の得意なところを活かすことができる仕事方法です。

 


エージェント(仲介業者)サービスを活用する

昨今、在宅ワークの専門のエージェント(仲介業者)が増えています。エージェント(仲介業者)は、発注者から仕事を請け負い、その仕事を個々の在宅ワーカーに発注します。エージェント(仲介業者)が案件の営業活動、発注者の報酬回収を担当してくれるため、在宅ワーカーは自分で営業活動することなく、仕事に専念することができます。
スーパー秘書」のように、オンライン事務代行サービスのエージェント(仲介業者)が増えてきており、フリーランスや在宅勤務など、働き方も多様化しています。

直接の雇用関係ではありませんが、エージェント(仲介業者)は在宅ワーカーにはキャリア即戦力を求めます。エージェント(仲介業者)にとっては発注者からの仕事を請け負いますので、確実な成果を出さなければなりません。未経験やキャリアが浅い場合、エージェント(仲介業者)を活用してのお仕事探しは狭き門となる可能性が高いです。

 

 

自分で動いて仕事を探す

自ら積極的に情報収集や営業活動をすることで、魅力的な仕事をゲットする仕事方法もあります。

・知人の紹介、以前の会社からの紹介など人脈を活かす
これまでの人脈を活かして、「自分はこういう仕事を始めた」と身近な人たちにアピールして、営業活動をすることで、魅力的な仕事をゲットできることがあります。
注意したいのは、身近な知り合いであっても「仕事」としての境界線を持つことです。
知り合いからの依頼だから作業をしたとしても、お茶代・ランチ代と曖昧にせずに、「仕事」として請け負うなら、報酬を受け取るようにしましょう。

 

・関連したセミナーに参加
 在宅ワーカーを対象にした、スキルアップなどのセミナーや交流会なども開催されていますので、そういった自分にとって役立ちそうなセミナーに積極的に参加することで、今後の仕事獲得に繋がる可能性もあります。

 

インターネットを通じて在宅でできる仕事も増えてきている昨今ですが、積極的に自ら動き、情報収集をして自分にあった在宅での新しい働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?