スーパー秘書™を運営しているガイアモーレ株式会社は、2018年7月23日(月)から7月27日(金)に開催される、2020年に向けたテレワーク国民運動プロジェクトテレワーク・デイズに、実施団体として、昨年に続き今年も参加いたします。

「テレワーク・デイズ」コア日である本日7月24日(火)は 全員在宅勤務で、オンライン会議ツールなどを使ってテレワークを実施します。

 

「テレワーク・デイズ」とは
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都及び関係団体と連携し展開する「働き方改革」の運動であるテレワーク国民運動プロジェクトです。参加団体が一斉にテレワークを実施し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた効果や影響を検証するものです。
(参照:「テレワーク・デイズ」https://teleworkdays.jp/)

 

ガイアモーレは、2015年、在宅で行うオンライン業務アウトソーシングサービス「スーパー秘書™」を立ち上げ、場所に捉われずに好きで得意なことを生かして仕事ができる環境を提供しています。スーパー秘書™に登録しているスタッフは、フリーランスの方、副業の方、また、出産、育児、介護などの理由により、時間や場所に制約がある男性・女性の方などが活躍しています。制約がある中でも、これまでの自分のキャリアやスキルを活かして働くことが出来るワークシェアリングの仕組みで、子供が小さくても、介護があっても、その他の制約があっても、“自分自身が活かせる”、そんな働き方を実現しています。

 

これからの社会で、きっと「当たり前」になっていく “場所にとらわれない”、テレワークという柔軟な働き方。

 

今年も「テレワーク・デイズ」に参加することで日本のテレワークをさらに強く推進し、社会における「働き方改革」をリードしてまいりますので、今後もご注目頂ければ幸いです。